最適化言語

最適化言語

新規市場への参入や事業拡大を目指す場合に課題となるのが、新しい言語、既存のブランドガイドライン、そしてマーケテ […]

新規市場への参入や事業拡大を目指す場合に課題となるのが、新しい言語、既存のブランドガイドライン、そしてマーケティングによる効果のバランスを取ることです。Locariaでは、ブランドマーケティング活動およびキャンペーンをグローバルに拡大する当社の手法を「最適化言語」と名付けました。
言語は構造、構文、慣習的な表現により異なるため、たった1つの言葉の違いにより、語句の意味合いがまったく違ってしまうことがあります。海外へ事業を拡大する際、広告主は単純な翻訳サービスを使用しがちです。グローバルコンテンツの作成にこういったサービスを利用した場合の問題点は、対象市場の特徴や広告プラットフォーム特有のルールを考慮せず、原文をその国の言葉に置き換えただけの翻訳となってしまうことです。直訳は多くの場合、ユーザーがオンライン検索に実際に使用する有用なキーワードを含んでおらず、魅力に欠けた可視性の低いコンテンツとなります。さらに、新規の広告主は対象市場のプラットフォームが提供する独自の広告オプションに対する知識がないことが多く、キャンペーンの効果を十分に得ることができません。言語とデジタルマーケティングに関する専門知識を駆使したLocariaの手法を活用することにより、あらゆる市場へ効率的にリーチするとともに、対象市場のオーディエンスの共感を生み出すブランドコンテンツを発信することが可能です。

Locariaではコンテンツを直訳するのではなく、顧客の行動を促すローカライゼーションサービスを提供します。PPC、SEO、ディスプレイ、ソーシャルメディアに加え、オンサイトおよびオフサイトコンテンツのローカライゼーションにも、このアプローチを採用しています。

さらに、デジタルマーケティングにおける専門知識を有するLocariaは、クリック率、直帰率などのマーケティング測定基準を使用し、高品質の多言語コンテンツがクライアントのビジネスに与える効果を測定することもできます。これにより、ローカライゼーションへの投資価値を社内関係者に示し、コンテンツの質に対する主観的な見方を修正することが可能です。優れたコンテンツは事業拡大を促進することを、Locariaは証明します。対象市場に初めて参入する場合でも、運用を開始したその日からコンテンツが成果を上げることをお約束します。短期間でローカライゼーションを行った場合、または競合会社に差をつける優位性を加えたい場合などは、コンテンツのレビューや編集により利益の拡大を図ることも可能です。